注意点について

実際にB型肝炎の給付金を請求する際の注意点について紹介しましょう。

まず、給付金は直接感染した被害者だけではなくて、二次感染した方も対象となっています。母子感染や父子感染してしまったケースがあるのです。また、遺族の方も対象となっているため、自分が給付金を請求できるかどうか確認しておきましょう。

基本的に多くの方が給付金の請求の際には弁護士を利用します。弁護士といってもさまざまな候補があります。しっかりと仕事をしてくれる弁護士を選びましょう。弁護士というのはそれぞれに専門分野があることを覚えておきましょう。

B型肝炎の案件については、医療系の案件に対処してきた実績のある弁護士に頼むべきです。資料を収集する際には病院に問合せたり、資料を請求するケースがあります。また、病気についての理解も必要となります。

この分野について実績のある弁護士ならば、安心して頼めるでしょう。弁護士の利用では費用にも注目しましょう。相談料や着手金はかからないことが多いです。また、弁護士費用については国が一部を負担してくれます。

これらを踏まえた上で、どのくらいのお金を弁護士に支払わなければいけないのか確認しておきましょう。弁護士選びに注意しましょう。

受け取るまでの流れ