受け取るまでの流れ


書類実際にB型肝炎の給付金を受け取るまでの流れについて紹介しましょう。まずは必要な書類を収集しなければいけません。自分が感染被害者であることを示すための証拠が必要となるのです。そのために必要な書類はそれぞれのケースにおいて異なるでしょう。弁護士に相談をしておけば、書類の収集を任せることが可能です。書類に不備があれば給付金を請求できなくなるかもしれないのです。

証拠をあつめたならば、実際に給付金請求のための訴状を作成します。そして、証拠の書類とともに裁判所に提出することになります。この訴訟は国家賠償請求訴訟です。そして、裁判所が書類の内容を判断して、給付金を受け取る資格があるかどうかを判断してくれます。最終的に書類が認められれば、和解が成立するのです。給付金の金額が決定して、和解調書が作成されます。あとは実際に給付金の請求を行えば良いです。弁護士に依頼しているならば、これもやってくれるでしょう。最終的に給付金の振込を確認すれば、給付金を受け取るための手続きは終了します。

このようにさまざまな手続きを経て給付金を受け取ることができるのです。自分一人でやるのは大変でしょう。多くの方が弁護士に相談をしています。